『2021年は絶対に良い年に!夢を必ず実現させるための目標の立て方』

あけましておめでとうございます!
2020年は世界中で、これまでの生活が一変した年でした。そして誰もが変化することを余儀なくされ、影響がなかったという人はいないのではないでしょうか。

そんな世界中が混乱した2020年だっただけに、2021年は絶対に良い年にしたいと皆が思っているはず。そこで新しい年を、これまで以上に素敵な年にすべく、より願いを叶いやすくできるよう、新年の目標を立ててみましょう!

《立てるのは夢ではなく、「目標」》
夢というのは不確かなもので、人によっては憧れも含まれており、今の自分の力量では達成し得ない、届かないと思われるものですよね。しかし目標は違います。今はできないかもしれないけれど、少しがんばったら手が届き、達成できるもののことです。

これまで目標を立てても、実現できなかったという人は、もしかすると目標の立て方が原因だったのかもしれません。

《効果的な目標の立て方》
【STEP1.】今の自分を知る

今の自分の力量を知るためには、自分の「できること・できないこと」をノートに書いてみると分かりやすくなります。

例えば左側のページには今できていることを。ヨガで例えたら、ヨガのポーズの名前を羅列してみる。

そして右側にはできない・できるようになりたいヨガのポーズを羅列して書いてみる。さらに全て書き出した後に、達成しやすいと思われる優先順位をつけてみましょう。

つまり、できないヨガのポーズをやさしい順番に整理して、目で見て理解できるように可視化するということです。

こうすることで、優先すべき順番も可視化できるので、毎月の目標も立てやすくなります。

  

【STEP2.】未来から逆算し、手帳や日記など
普段目にする紙に記入する

未来からの逆算という言葉を耳にする機会が多くなってきた昨今。実はこの考え方、経営者やアスリートが実際に使っている考え方なのです。

例えば202112月までに達成したい目標を最初に立てます。ここでは英会話を目標としてみましょう。

―――

12月→通っている英会話教室のネイティブクラスで、日常英会話で自分らしい単語をチョイスして思いを伝えられるようになる。

11月→1番上のネイティブクラスにステップアップする。

1月→英会話教室に通う。

―――

などと、目標を立てていきます。
その月々の、本のタイトルやキャッチコピーを決めるかのようなイメージで、ダラダラ書かず、簡単に分かりやすくまとめてみて。

【STEP3.】〇〇月△△日までに、どうなりたいかを具体的に

今回は202112月までにどうなりたいか?という例えで、ご紹介してきましたが、あくまで個人の目標なので、20216月までにどうしても達成したいというのであれば、設定が12月までなくてもOK。大事なのは、細分化して具体化させることです。

上記の英会話の話でいくと、
1月→英会話教室に通う」とあります。

そのためにはまず、英会話教室を探さなくてはなりませんよね?どこの地域なら通いやすいか?駅近なのか?自宅から近いところの方がいいのか?オンライン授業が充実しているのか?料金設定は?どんな特典がある?グループレッスンの人数が多いのか?少ないのか?自分が続けられそうなペース設定か?体験レッスンがあるか?などをリサーチするところから始めます。

そして具体的に110日までには体験レッスンをやってみる。そして115日までには契約し、レッスンをスタートさせる。というように物事を細分化し、自分がレッスンを受けるところまでを想像できるくらい、具体化させます。

 想像やイメージできることは、目標を実現させるためにとても大事なことです。逆に想像できないことは達成しにくいので、目標にしないほうがいいかもしれません。また、こうして小さな目標を毎月クリアしていくことで、達成感を味わえるので、やる気もUP。


【STEP4.】仕上げは発信!

目標を立てることができたら、人に言えるような目標であればSNSで発信してしまいましょう!

言葉や文字にして他人に発信することで、目標を達成する覚悟を得られます。

もしも目標が、人に言うのはちょっとと思うようなことだった場合、それを言っても良い間柄の人に宣言するとGood

 

《夢は目標の達成の積み重ね》

冒頭で夢と目標の違いをご紹介しましたが、夢は一生叶わないかもしれませんし、叶うかもしれません。夢が叶う人は、目標達成の積み重ねでもあります。もちろんその中で、達成し続けられるかもしれませんし、時には失敗もあるかもしれません。でも失敗は経験になりますし、自分の軸さえしっかり持って、あとは軌道修正すればいいだけ。

そこで、ずっと落ち込み続ける必要なんてありません。時間は有限。極端な話、明日死ぬかもしれないわけですから、毎日を後悔なく生きるために、落ち込んでいる時間がもったいないと考えて。

そして占星術界でいう風の時代は「個性」が鍵だといわれています。だから、自分の良い部分を引き立たせられるよう、自分を磨くことのできる目標を1年間通して、毎月立ててあげるのがオススメです。

新たな年を迎えた今こそ、ポジティブな気持ちで、より一層自分に磨きをかけてみて!

 

ライター:星ゆうこ
Kupono Beauty代表/美容研究家/ライター
http://instagram.com/kuponobeaut_y